初心者でも簡単に利用できる検索システムサービス

スカラコミュニケーションズが展開するサイト内検索エンジン

コーポレートサイトやECサイトなどを運営する場合、大事になってくるのがユーザーニーズです。ユーザーのニーズが分からないと的確な商品やサービスを提案することができず、せっかくサイトに訪れてくれてもチャンスを逃がすことになります。
ユーザーがどんなことを求めているか調べるために活用できるのが、サイト内検索エンジンサービスです。多くのサービスが提供されていますが、中でも機能性の高さから評価を受けているのが株式会社スカラのサイト内検索エンジン「i-search」です。スカラグループの一員でもある株式会社スカラコミュニケーションズが運営している検索システムサービスで、ネットやIT初心者でも簡単に使用することができると評判のようです。
ヒットした検索ページのサムネイルを表示したり、サムネイルをマウスオーバーすると画像がポップアップされるなど、さまざまな機能を搭載しています。
「i-search」を展開している株式会社スカラとは、一体どのような会社なのでしょう。

梛野憲克が運営する株式会社スカラ

株式会社スカラは、梛野憲克が代表取締役をつとめている東証一部上場企業です。株式会社スカラはサイト内検索サービスやFAQシステム、自動音声応答システムなどさまざまなSaaS/ASPサービスを展開しており、業界内ではトップクラスのシェアを有しています。
企業側とユーザー側の観点を元にECサイトやモバイルアプリ、コーポレートサイトなどをより使い勝手が良くするためのクラウドサービスを数多く提供しており、現在では1000社以上の取引実績があります。
グループ会社にはスカラコミュニケーションズとスカラサービスがあり、梛野憲克は両社の代表取締役会長をつとめています。SaaS/ASP事業をメインに、カスタマーサポート事業などを展開しています。

ピックアップサイト→→→ 梛野憲克の名言 厳選集

満足のいくサイト運営をしたいなら株式会社スカラがおススメ

コンテンツを充実させられるシステム

ECサイトやモバイルアプリ、コーポレートサイトなどを運営している企業は多いですが、ユーザーが満足のいくコンテンツを充実させていないと、ユーザーを呼び寄せることができません。
集客の多いサイトにするには、ユーザービリティを向上させることが大切です。情報量の多いサイトなら検索エンジンを設置したり、ユーザーからの問い合わせに対応できるFAQなども用意しておかなくてはなりません。
ユーザーサイドと企業サイドの観点から、お互いに使い勝手の良い管理システムなどを提供しているのが株式会社スカラのグループ会社である株式会社スカラコミュニケーションズです。
サイト内検索エンジンやFAQシステムをはじめ、商品サイト管理システムやニュース配信サービス、リンクチェックサービスや電話自動応答など、サイトを運営するために必要なサービスを提供しています。
中でも人気が高いのが、サイト内検索エンジンサービスのi-searchとFAQシステムのi-askです。サイト内に検索エンジンを設置することで、ユーザーが目的のページを検索しやすくなることと、検索キーワードからユーザーがどんなニーズを求めているかを収集することができます。

梛野憲克が代表をつとめる株式会社スカラ

株式会社スカラはSaaS/ASPをベースに、さまざまなIT関連の事業を展開している東証一部上場企業です。代表取締役社長は梛野憲克がつとめており、多くのグループ会社で構成されています。
SaaS/ASP事業をメインとする株式会社スカラコミュニケーションズ、業務の効率化や付加価値を向上させるソリューションサービスを提供している株式会社スカラサービスの他に、カスタマーサポート事業などを展開しています。
梛野憲克は企業理念として「倫理的価値観を持つ」「社会的責任を全うする」「永続的に繁栄する」ことを掲げています。

ユーザーにも企業にもメリットの多いFAQシステム

ECサイトやコーポレートサイトでは数多くの商品やサービスを紹介したり販売していますが、いくらこと細かに商品やサービスの情報を記載していたとしても、ユーザーには伝わりにくいことがあります。また専門用語ばかり利用していると、説明を読んでも理解できないこともあります。
興味を持ったユーザーは購入前に商品について詳しく知りたいと思い、自分の疑問を問い合わせてくることも少なくありません。
問い合わせが少なければ問題はありませんが、扱う商品数が多いサイトだと、一日に何百件、何千件もの返答が求められることもあります。
こうした問い合わせ対応を解決してくれるのがFAQシステムです。Webサイトに寄せられた多くの問い合わせをまとめ、FAQコンテンツとしてユーザーに提供することで、ユーザーは問い合わせする手間を省くことができ、企業は返答作業に追われることもありません。こうしたFAQシステムを提供しているのが、株式会社スカラです。

梛野憲克が経営する株式会社スカラ

梛野憲克が代表取締役を務める株式会社スカラは、SaaS/ASP事業でトップクラスのシェアを誇る会社です。ECサイトやコーポレートサイトの利便性を向上させるためのサービスを提供している会社で、開発から運用まで全て一貫して自社で行っているので、質の高いサービスを提供することが可能となっています。
株式会社スカラは所在地が東京都渋谷区で、1991年に創業しました。資本金は1596百万円で東証一部上場企業です。SaaS/ASP事業以外にもフィールドマーケティング事業やカスタマーサポート事業など、さまざまな事業を展開しています。
代表取締役を務める梛野憲克は経営方針として、継続的な成長での企業価値と社員価値、株主価値の3つの価値向上を意識し、グループ全体が成長することでステークホルダーに高い価値を提供することを掲げています。

作業効率をあげてくれるFAQシステム

企業の悩みを解決してくれるFAQシステム

Webサイトを運営していて作業に時間をとられるのが、ユーザーからの問い合わせ返答です。多くの商品やサービスを販売しているWebサイトの場合、ユーザーからの問い合わせも多く、返答作業にとても時間がかかります。
ユーザーも企業もスムーズにサイトを利用するには、なるべく問い合わせを減らすことが大切です。FAQシステムを使用すれば、こうした悩みを解決できます。
FAQシステムはユーザーから多く寄せられた質問をまとめ、一つのコンテンツに仕上げたサービスです。FAQシステムを設置しているかいないかで、企業の作業効率も大きく変わってきます。
数多くのFAQシステムサービスが提供されていますが、株式会社スカラが提供しているFAQシステムのi-askは、HTMLなどの難しい専門知識がなくても利用できるコンテンツ管理システムとして、高い評価を受けています。

社員と共に学び成長する梛野憲克

株式会社スカラはSaaS/ASP事業でトップクラスのシェアを有しており、多くの大手企業と取引を行っています。梛野憲克が2013年に代表取締役として就任した後、さらに事業を拡大しています。最近ではIoTやビッグデータなどの事業にも進出しており、さらなる新規領域の事業を開拓しています。
代表の梛野憲克は社員とのコミュニケーションを重要視しており、役員も社員も仕切りのない同じオフィスで働いています。社員同士はもちろん役員とのコミュニケーションも活発なので、仕事への取り組みもスムーズに行えます。
オープンなオフィスなので社員に対しての評価も適正に行うことができ、社員の仕事に対するモチベーションを上げることにもつながります。また、先輩や上司と気軽に話すことが可能なので、社員のスキルアップにも役立っています。

SaaS/ASP事業でトップクラスを誇るスカラグループ

高い機能性を搭載しているスカラのFAQシステム

Webサイトを企業とユーザーの観点から、さらに使いやすくサービスを改善しながら進化させているのが、SaaS/ASP事業でトップクラスのスカラグループです。
スカラグループではWebサイトをストレスなく利用できるよう、サイト内検索エンジンやFAQコンテンツなどのさまざまなサービスを用意しており、その機能性の高さに業界でも高い評価を得ています。
特にスカラのFAQシステムはユーザーからは見やすく、管理者からは管理しやすいことで、導入する企業も多いようです。
ユーザーが探しやすいFAQ表示はもちろん、FAQを利用した評価アンケートを実施することも可能です。また、テンプレートも複数用意していますので、他のサイトとの差別化もはかれます。

スカラグループの代表をつとめる梛野憲克

梛野憲克が代表をつとめる株式会社スカラは、スカラグループのグループ会社です。他にも情報サイトシステムやコンテンツ管理システム、コンテンツ配信などさまざまなサービスを提供している株式会社スカラコミュニケーションズや、業務効率や業務の付加価値を向上するソリューションサービスを提供している株式会社スカラサービスなど、多くのグループ会社で構成されています。
SaaS/ASP事業をメインとした事業を展開していますが、中でもWebサイトのユーティビリティを向上させるシサービスを数多く提供している株式会社スカラコミュニケーションズは、業界からも多くの注目を集めています。株式会社スカラコミュニケーションズも代表取締役会長を梛野憲克が務めています。
株式会社スカラコミュニケーションズでは情報検索システムやコンテンツ管理システム、問い合わせ管理システムや受付システム、会員管理システムにコンテンツ配信など、数多くのサービスを展開しており、業界でもシェア率はトップクラスを誇ります。